お知らせ:VCA(ビジョンクリエーション協会)心理学講座入門コースを2020年1月より新規開催予定です。詳細は決まり次第発表します!またお試し講座も随時行っていますので、お気軽にお問合せください。
NO IMAGE

キャリアカウンセリング各理論家_ハリー・ジェラット

こんにちは。
システム&キャリアコンサルタントの よこまくかなこ です。

意思決定理論、まだまだ勉強が足りていない私。
表面的な文字しか見れていないというのが本音です。
内容は今後付け加えていきます。勉強が進んでいるのか、滞っているのか、、
ご想像にお任せします。

ハリー・ジェラット(意思決定の理論)

大きく2つの理論を提唱したのがジェラットです。
初期段階に1つめ、晩年期に2つめです。

客観的・合理的な意思決定の理論

  1. 予測システム:選択可能な行動とその結果の予測を行う。自分の客観的な評価と選択しがマッチするかどうかを予測する。
  2. 評価(価値観)システム:予測された結果が自分にとってどの程度望ましいかを検討する。
  3. 決定システム:可能な選択を目的や億票に照らして評価し、その基準に合致したものを選択する。

できるだけ不確実であいまいな要素を少なくして意思決定しようというアプローチです。

積極的不確実性の概念

  1. 情報について:情報は想像力をもってあつかうこと、しかし、情報を創造しないこと。
  2. 意思決定のプロセスについて:自分が何を求め、何を信じているかを理解すること、しかし、確信しすぎないこと。
  3. 選択について:合理的に選択すること、ただし、合理的選択が通用しない場合には手放すこと。

客観的・合理的な方略はとりつつも、主観的・直観的な視点を取り入れて統合的に意思決定を行うべきだとしています。

これら、一見相反することを並べたようなこの原則こそ、不確実性を受け入れるために重要な考え方であるとし、絶えず変化する流れに柔軟にバランスをとりながら進む過程そのものに意味があるという考え方を示し、その後の意思決定の考え方に大きな影響を与えました。

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>キャリアコンサルティングを活用してみませんか?

キャリアコンサルティングを活用してみませんか?

『働き方改革』といえど、実際のところはいかがでしょうか?時間削減は目標になるけれど作業負担は変わらない、むしろ増えるばかり。。。

ライフワークバランスを大切にしつつ、ご相談の皆様個々のありたい幸せな人生のご相談に応じます。