お知らせ:VCA(ビジョンクリエーション協会)心理学講座入門コースを2020年4月より新規開催予定です。詳細は決まり次第発表します!またお試し講座も随時行っていますので、お気軽にお問合せください。
チーム

こんにちは。
キャリアカウンセラー よこまくかなこ です。

すっかり寒くなってきました。私は湯たんぽと昔ながらの石油ストーブ(上にやかんとかおけるタイプ)が大好きです。
エアコンだとどうしても身体中から水分がもっていかれて、ミイラになってしまいそうで。。。
最近のエアコンだとそうはならないのかしら?とはいえエアコンの風にあたること自体に嫌悪感を抱いている私です。

理想と現実のギャップ(日常編)

さて、本題。

理想と現実のギャップ

これはキャリコンの世界だけに限らず、日常いつでもどこでも目にしますし、打ちのめされています。
皆さんはいかがでしょうか?

・もっとお肌がキメ細かくて真っ白でゆで卵の殻をむいた白身状態、、、ナゼかさつき、シミが出てきて、毛穴が目立つように??
・20年前にスラっと着こなせていた24インチのデニム、今では膝の上に上がっていかない、、、なぜ!?そんなに体型変わった??
・バリバリのキャリアウーマンで組織のトップを裏から操るくらいの実力者になりたかったのに、、、仕事もそこそこ主婦業もそこそこ、ま、細々楽しんでる、、って、いいのか??

20代前半に描いていた40~50代の私と40代後半に突入した私の差です。

非常にわかりやすいというか、低次元でごめんなさい。。。

想像していた「こんな自分だったらいいよね~」と現実との差をギャップとして捉えています。


「最近シワシミが、、、あ、クマもタルミも、、、」
顔を洗うたびに「こんなはずではない!」と現実から目をそらしています(笑)

理想と現実のギャップ(仕事編)

キャリアカウンセラーですので(^^;
では、仕事においての理想と現実のギャップについて考えてみたいと思います。

組織のあり方について

「え!面接のときも入社式のときも自由闊達な職場だって言ってたじゃん!」

ところが入ってみると、古くからの封建制度が残っていて、反対意見を言おうものなら袋叩きにあうような、、、
ましてや、上司や先輩に対する悪口を言うと、どこかでスパイ?盗聴器?かわからないが筒抜けになっていて後からひどい目にあう、、、

さすがに時代が変わってきていますので、こういった会社は少なくなってきたと思いたいのですが。
実際地方の会社さんではまだまだ残っていますね。。。

先日、大手企業さんの従業員さんからお話伺ったとき、正直たまげました。
”そんな大手さんでも、そんな風土が残っていたのね”
と時代錯誤に引いてしまいました。

男尊女卑能力関係なしの年功序列派閥制度などなど。

私も散々な体験をしてきました。
途中からある意味面白くなってきちゃいましたけどね。はまっていると悲劇ですが、俯瞰すると喜劇です。

本来は、

  • 自由闊達
  • 能力・成果主義
  • 男女平等、差別なし、

が、ありたい姿。

実際は、

  • 封建制度
  • 年功序列&上司のお気に入りのみ昇進昇格
  • 男尊女卑

となっている。

このがこの会社の問題です。

この『問題』を解決するために、原因を探り課題を挙げて解決に向けて行動します。

 

かなこ
こんなヒドい風土が改善できるわけ?
クサってるやんか!!
過去の”社畜かなこ”はこう捨て台詞を吐きますが。。。
まずは経営者さん。
経営者さんが「問題」を認識しているのか?というのが改善へのスタートを切れるか否かの分岐点です。
認識なかったら、、、もう無理です。
経営者さんの認識がクリアしたら、次はその下の管理者さんたち。
管理者さんに経営者さんの想いが伝わっているのか?この問題を捉えているのか?捉えているならどう捉えているのか?
問題意識があればまだよし。
なければ、、、管理者さんに対する教育がです。同時に経営者さんとのコミュニケーションが不足していると思われます。
もしくは、人選ミス!?
管理者さんも問題意識を持っていたとなれば、最後に従業員。
「指示されたことだけやればよい」なのか「指示されたことの意味を考え、その先を創造し、プラスアルファを提案する」なのか
どういった姿勢で仕事に取り組んでいるでしょうか?
”いつも提案してるのに無視ばかりされる、いつか気づかせてやる!”って人もいるでしょうし、
”日々の暮らしがやっとで、そんな気持ちに余裕などない!”人もいるでしょうし、
”最初色々提案したけど何も聞き入れてくれなかったからもう諦めた”人もいるでしょうし、
”なーんも考えてない”って人もいるでしょう。
組織に参画(入社)するというタイミングで、誰でもかれでも入社okとはしていないはず。
そして皆さん温度差はあるにせよやる気をもって仕事に就いたはず。
なのにそうでなくなったのはナゼでしょう?
少なくとも人は周りに影響されます。特に日本人ですから、集団意識は欧米の方々よりは強いかもしれません。
元々根付いている風土に疑問の目で向き合えるか?
日頃何気ない会話の中で、従業員をぞんざいに扱っていたり(これは自分はそうでなくても、された側がどう捉えているか?がポイントです)しないか?
自分自身はどう仕事に向き合っているだろうか?
考えてみる必要があります。
そして、何かすればすぐに改善するというものではありません。
長年培われてきた風土はそうそう簡単には変わりませんからね。
覚悟を決めて改善に取り組む必要があります。
誰か一人悪いのではなく(ってこともありますけどね)
皆で意識をあわせるということ。
独りで頑張ったって出来ることはしれている。限界があります。
最初の一歩、是非とも経営者さん・管理者さん達で踏み出してほしいなって思います。

自分自身のあり方について

「こんなはずでは、、、、」を自分自身にあてはめてみましょう。

今のご自身は、「ありたい姿」を実現していますか?
(体重が10kgも増えちゃって、、、といかいうのは一旦横へ

例えば「最新のITエンジニアとして安全で便利な社会を作りたい」のが夢、、だけど
実際は「ホテルの受付スタッフ」

だとしたら、実現したいこととやってることがあまりにも差がありすぎます。
ここまで極端なことはそんなにないかもしれませんが。
例えば「新しいオーガニックで副作用のない薬を開発し、病気予防に役立ちたい」と製薬会社に入ってみたら、
配属先が病院廻りの営業だった、、、というのはなくはない。
 どっちが”ありたい自分”? 
このとき、単に職種だけで「こんな仕事やりたくない!」というのは早合点ではないかな?と思います。
というのは、研究者であろうが営業であろうが「病気予防に役立つために活動する」ということが可能だからです。
直接的に研究に携わらなくても、それを広めたりプロデュースするのも立派な社会貢献。
こういった意味での職種の違いであれば、「ありたい姿」と完全一致ではなくとも、実現できることがあるのであきらめるには早いのかな、と思います。
よく「やりたい仕事ではなかった」という場合に、本当に?とじっくり自分を見つめなおす必要があると考えています。
ただのわがままでやりたい職種だけを希望しているのは迷惑でしかない。子供の駄々っ子です。
そうではなく、、、
病気予防をしたいのに、身体に害を及ぼすようなことを仕事にしている、、、となると、
「ありたい姿」を実現できる可能性はぐんと減るわけです。
かなこ
健康な人を増やしたいのに、毒リンゴ配っちゃダメ!!
これが、「ありたい姿」とのギャップ。
当人にとっては問題ということです。
この問題に気づくことが出来れば、一旦立ち止まり、進みたい方向を考え、方向性を変えていく、、、となるわけです。
『本来ありたい姿』や『気づき』がなんなのか、、、
独りではなかなか見つけられないです。どうしても現実を見てしまうし、思い込みという枠にはまってしまいます。

キャリアカウンセラー登場!!

そこをお手伝いするのがキャリアカウンセラーの最初の関わりです。
就職支援にしても、まずは「何がしたい?何を実現したい?」が大切です。
とはいっても、現実をみたときにとにかく稼がなきゃならない状況にある場合は、そうは言ってられないかもしれませんけどね。
その場合は稼ぐことを最優先とし、状況が変わった、あるいは変わりそうなタイミングで改めてありたい姿を振り返ることになります。
ただし、個人的に思うのは。。。
ただただ個人のわがままだけで社会は通用しない、、ということ。
「外資系の会社で、グローバルに働きたいんです!」であるにも関わらず、
「英語苦手です。外国語はどうも。。。日本語だけで仕事がしたいんです」ときたら、、、言葉が出ないです。
それこそ「好きにしなさい」と諦めたくもなります。
ありたい姿のために、個々の努力や学び・訓練は必要だと思います。
そうして、自己研鑽をし、経験を積んで花が開く、、というのが通常の流れではないでしょうか。
たまたまうまくいって、、、ってこともあるかもしれませんが、
職業人としての厚みは感じられないかなーなんて。
「好きなことだけやればいい」
の「好きなこと」って、ただ遊ぶだけラクしたいだけの「好きなこと」ではなく、
本当に実現したいことに向けての道筋のことだと思います。
そういったことも段階を踏んで目標を設定していくようなコーチングも必要な範囲だと位置付けています。
私の場合、まだまだ『ありたい姿』の進化途中です。
特に、企業に対してのキャリアカウンセリング導入を社会の常識にしたい、と思っていますが、
どうにも認知度を含めて足踏み状態です。
そのために、すでに企業に対してキャリアカウンセリングを勧めている大先輩からの学びを受けながら、
私自身も多方面で学びを深めて幅広く対応できるように日々勉強です。
多分、死ぬまで色々勉強してると思います(笑)
基本的に学ぶことが趣味なので、、、ね。
これからの日本、中小企業さんの頑張りどころです。
さらに生存競争が厳しい時代となるでしょう。
そんな中で、経営者さん・従業員の皆さん全部含めて、会社全体の活性化のお手伝いが出来れば嬉しいです。
これが、私の『ありたい姿』です。
チーム
最新情報をチェックしよう!
>キャリアコンサルティングを活用してみませんか?

キャリアコンサルティングを活用してみませんか?

『働き方改革』といえど、実際のところはいかがでしょうか?時間削減は目標になるけれど作業負担は変わらない、むしろ増えるばかり。。。
ライフワークバランスを大切にしつつ、ご相談の皆様個々のありたい幸せな人生のご相談に応じます。