お知らせ:VCA(ビジョンクリエーション協会)心理学講座各種コースは随時開催致します。お気軽にお問合せください。またお試し講座も随時行っていますので、併せてご利用ください。
NO IMAGE

こんにちは。
システム&キャリアコンサルタントの よこまくかなこ です。

この意思決定理論については、私自身がめちゃくちゃ勉強不足です。
内容は今後付け足していきます。
もうしばらくお待ちくださいませ。。。

当ページ下部に「意思決定」に関する過去問からの参考問題を記載しています。
よろしければご活用ください。

ヒルトン(意思決定の理論)

意思決定について、回路図上にプロセスを提唱したのがヒルトンです。

おまけ

①システマティック・アプローチにおける意思決定の意義やプロセスに関する次の記述のうち、不適切なものはどれか。

a. 意思決定方策では、カウンセリング・プロセスの中でクライエントは積極的ではなく受動的であることを前提としている。

b. 意思決定では完璧性を求めるのではなく、複数の可能性を見出すよう支援する。

c. 目標に至る行動計画について、その行動をとった場合のメリットとデメリット、必要な経費、実現可能性を検討する。

d. 意思決定において選択した行動の準備をする際は、予想される危険や困難性にどう対処したらよいか対策を用意する。

(正解:a (7-42))

②意思決定方策の前提に関する次の記述のうち、 不適切なも の はどれか。

a. カウンセリング・プロセスの中で、クライエントが受動的でなく積極的な役割を果たすよう支援する。

b. 一つを選択することは、他を捨てることである。「何を捨てるか」は、「何を選ぶか」と同様に重要である。

c. 意思決定は不確実性を伴うため、完璧を求めるのではなく、複数の可能性を見出すよう支援する。

d. 意思決定は、意思決定の内容ではなく、タイミングこそが重要である。

(正解:d (8-35))

各理論家ページ

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>キャリアコンサルティングを活用してみませんか?

キャリアコンサルティングを活用してみませんか?

『働き方改革』といえど、実際のところはいかがでしょうか?時間削減は目標になるけれど作業負担は変わらない、むしろ増えるばかり。。。
ライフワークバランスを大切にしつつ、ご相談の皆様個々のありたい幸せな人生のご相談に応じます。